WindowsからLinuxへ・・・

ダビンチリゾルブにReactorっていうの入れました。無料版でも使えそうです。
ただし、中のアドオン?エフェクト類は有料のものがあるのでそちらは気をつけて・・・

Reactorはとても便利ですね。

ああ、これはWindows版を使っていますけど、Linuxでも使えるので、環境が整えばそちらに移行するつもりです。Linuxを入れてるPCはマシンパワーが弱いものが多いので、BlenderとかCG用のPCをもう一つ使える状態になったら、そちらで利用しようと思っています。

で、タイトルのWindowsからLinuxへの意味ですけど、特に深い意味はありません。
すでにLinuxとWindowsを併用してかなりの年月が経ちました。一時期Windowsが使えなかったりもしたので、仕方なしにLinux(Ubuntuとパピーなど軽量Linux)を使いました。
ただ、どうしてもJWCADなどWindowsのソフトを使う必要があったので、Wineとの併用でした。
・・・まあ、これが悪戦苦闘でしたけど、結果的には私が使う外部変形もほぼ使えましたし、実行環境も必要なDLLをゲットしながらなんとか整理できたように思いました。
Linuxで最初困ったのは、印刷環境とワードなど書類関係だったけど、まあ、それも今はクリア。レイアウトが少し変わるけど、ワードとエクセルのファイルもLinuxで扱えますし、役所の資料はPDFもあるものが多くて、こちらはロックがなければ問題なく必要部分に加筆もできますから、とても助かります。

みなさんがWindowsにこだわる理由はわかります。なのでひねくれものの私はLinux(Ubuntu)メインで、頑張ります。
ネットとかはLinuxでつながってる方がなんとなく高速。一応Linux用のウィルス検知ソフトとファイヤーウォールの強化?するソフトっていうの入れてますけど、う~ん、いまいちです。私が使ってるのはSophosだったけど、無料じゃなくなったので、ClamAVと、う?あれ、なんだっけ・・・もう一つ使ってます。あ~思い出せない・・・でも、どちらも、検索時は重くなります。Sophosはそうでもなかったのに‥‥
なので、ただいま、Linux用(家庭用)のいいウィルス検知ソフト探しています。

これが、現在の悩みかしら…

ソフトは、ホントに便利なのがたくさんあるので、すごく助かってます。
Blender、Krita、Inkscape、Gimp、FontForge、ShotCut、VSCode、C言語とPythonの開発環境、LibreOffice、Audacity、Wineを通してだけどJWCAD、FireAlpaca、AviUtl、SoundEngine、などなど。
現在のところ無料で利用させて頂ける環境で、すごく助かっています。いずれも、商用利用可能ですから、描いた絵や作った動画、書類はお仕事で使えます。
有料のソフトお使っていますけど、ほとんどの場合は、上記のソフトで事足りています。

メールとインターネットは、LinuxではFirefoxとThunderbird使っています。
どちらも、カスタマイズすることですごく便利になります。ふたつとも現時点ではフリーソフトです。

ちなみにBlenderは多機能すぎて、なかなか紹介ページが作れません。
まあ、基本は3Dモデルの作成ということになるでしょうけど、最近はそういう感じでもなくなってきたので・・・

ぜひ、Linux使ってみてね・・・